FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J.P.モルガン・チェースの企業情報

今回はJ.P.モルガン・チェースの企業情報を記載したいと思います。

強み 

「金融危機の中でも成長を続けた資本力と経営戦略」

従来、資本力や大手金融雑誌の決算による世界銀行番付では「シティグループ」が健全性・資本力ともに
高く首位にたつことが多かったが、金融危機を境に、「シティグループ」や「バンクオブアメリカ」等は
450億ドルもの巨額公的資金を抱えることで、経営の自由度が減少し業績を落としている中で、
JPモルガンは弱体化した銀行を買収することによって時価総額を増大させるとともに、トレーディング業務で
利益をあげることによって2009年には世界銀行番付ではシティグループを抜き首位となった。
なお、住宅ローンや個人向けローンを起因とする貸倒引当金も2009年第4四半期から2010年第1四半期の1期
で20%程度減少させている。

脅威

低金利政策が今後金融業界に与える影響

アメリカでは多くの銀行が金融危機後FRBにより行われた
「超低金利政策」によって借入れコストの減少という形で経営を助けられてきたが、
2010年1月~6月期で資金調達金利と貸付金利の差である「利ざや」がピークに達していると
クリストファー・ウェーレン氏等は判断している。
これによりJPモルガンは今後行われるであろう資産の再評価により
「払い戻される高利回り資産の置き換え」に苦戦することが考えられる。

弱み

トレーディング事業が好調な中で消費者向け事業での赤字は顕在化している。

ETFのパランティア・ファンド(PALIX)の運用責任者トム・サミュエルズ氏は、
JPモルガンはトレーディング業務で利益を上げていても、
伝統的な銀行業務では赤字が続いていると指摘。
「JPモルガンの会社全体の業績は黒字だが、消費者向け事業では多額の赤字を計上している」(サミュエルズ氏)。
なお、JPモルガン ジェイミー・ダイモンCEOは、
『消費者向け融資からの損失額は「引き続き極めて高水準にあり、
したがって消費者向け融資事業からのリターンの状況は引き続き受け入れられないものだ」と言及している。』

機会 新興国で認可を獲得することによる国際投資銀行部門の強化

JPモルガンは世界60カ国に拠点を設け、JPモルガンの国際投資銀行部門の
手数料収入は世界第一位だと同社は発表している。
そういった状況の中で新に世界最大の産油輸出国であるサウジアラビアより、
国内での総合商業銀行の認可を米国で唯一保持していることにより
2010年に総合商業銀行支店をオープンすると発表した。、
なお、JPモルガン国際投資部門幹部ダニエルコティ氏によると「新興国の経済成長率は6%を超えており、
今回の事業拡大は、アジアや南アフリカ、東欧を含む新興市場での業績成長を加速させる計画の一環となる。」
と発言している。

より詳しい企業分析をしたい方はJPモルガン・チェースSWOTまでおこしください。 就活SWOTはユーザー参加型のサイトになっています。企業研究をして、ドンドン編集してみてください。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

keikiswot

Author:keikiswot
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。